診療案内

  • 一般歯科・小児歯科
  • 予防歯科
  • ホワイトニング・審美歯科
  • インプラント
  • 義歯・入れ歯
  • 口腔外科
  • 矯正歯科

入れ歯・義歯

義歯・入れ歯の種類

部分入れ歯
保険適用部分入れ歯
その他にインプラントやブリッジといった選択肢がありますがそれぞれに良いところ、悪いところがあります。入れ歯の良いところは取りはずしができることです。
保険部分そのため、年月が経つにつれて変化する歯やアゴの状態に合わせて調整ができます。
ノンクラスプデンチャー(保険適用外)
薄く、軽く、弾力のある入れ歯です。見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分かりません。
保険部分 残っている歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と違い、金属バネのない入れ歯なので残っている歯に負担をかけずにしっかりと入れ歯を固定することできます。
ホワイトクラスプ(保険適用外)
ホワイトスクラブ白いばねを使用するため、見た目に入れ歯を入れているのが分かりにくいです。
金属床 (保険適用外)
金属床プラスチック素材よりも薄く精巧に作ることができるため、 装着時の違和感がありません。また、熱が伝わりやすいので食べものをおいしく食べることができます。
金属床義歯に使用される金属には、軽くて丈夫で、耐久性にも優れているチタンなどがあります。
総入れ歯
レジン床義歯(保険適用)
レジン金属床歯肉にあたる部分がプラスチックでできた入れ歯です。プラスチック素材なので強度はあまり高くはありませんが、咬み合わせなどの修正ができます。
金属床義歯(保険適用外)
金属床義歯歯肉にあたる部分が金属でできた義歯です。プラスチック素材よりも薄く精巧に作ることができるため、 装着時の違和感がありません。また、熱が伝わりやすいので食べものをおいしく食べることができます。
金属床義歯に使用される金属には、軽くて丈夫で、耐久性にも優れているチタンなどがあります。
マグネットアタッチメント義歯(保険適用外)
マグネットアタッチメント義歯入れ歯の土台となる歯根に金属を埋め込み、入れ歯側に超小型磁石を取り付けた入れ歯です。 強力な磁力がしっかり固定して、歯が少なくても十分な維持を得ることができます。
金属のバネがないため見た目の良い入れ歯をつくることができます。

ページの先頭へ