診療案内

  • 一般歯科・小児歯科
  • 予防歯科
  • ホワイトニング・審美歯科
  • インプラント
  • 義歯・入れ歯
  • 口腔外科
  • 矯正歯科

一般歯科

歯に残っている食べかすが虫歯の原因になります。細菌が糖質を分解して、プラークをつくり、そして酸を出し歯を溶かしていきます。
虫歯は自然には治らないので、一度虫歯になると進行していき、放っておくとますます痛みがでてきます。
初期のうちに治療するよう心がけましょう。

C-1
エナメル質までの虫歯
症状としては歯の表面が黒くなります。
C-1
C-2
象牙質に達した虫歯
症状としては歯がしみたり痛んだりします。
C-1
C-3
神経に達した虫歯
症状としては炎症を起こし、我慢できないほど痛みます。
C-1
C-4
歯根にまで達した虫歯
神経が死んでしまい痛みがなくなります。しかし、炎症を起こし、膿がたまると激痛をともないます。
C-1

小児歯科

お子様に器具などに触れてもらい怖いものではないということや、どんな治療をするのかなどを見てもらってから治療をすることによって、少しでも不安を取り除きながら治療しています。

また、小さいお子様などは初めから治療(削ったり)するのではなく、トレーニングすることによって嫌な思いを極力させないよう努力して進めていきます。

お子様の予防歯科

フッ素

フッ素乳歯はとても弱く、生え始めて2~3年の間に歯の表面のエナメル質が徐々に硬くなります。フッ素塗布の効果は、歯質を強くする・虫歯菌の活動を抑制する・再石灰化を助けることがあげられます。

シーラント

シーラント奥歯の溝は複雑です。食べカスが詰まりやすく、特に虫歯になりやすい歯です。
その溝を歯科用プラスチック樹脂で埋めるのがシーラントです。シーラントを使い、溝を埋めることにより、虫歯予防に効果を発揮します。

定期検診

お子様の状態に合わせ、3ヶ月、6ヶ月ごとの定期検診をおすすめしております。

必要に応じてレントゲンを撮り、虫歯のチェックやまだ生えてきていない永久歯の状態も確認します。
お子様のお口の状態に合った予防法をアドバイスさせて頂きます。

ページの先頭へ